2017年8月16日(水)

華ずしについて

華ずしの金華〆鯖について

こんにちは、華ずしの板橋です。

 

さて、今日は金華〆鯖についてです。

今年の始めより、華ずし杜の市場店では、白板昆布が原料不足でなかなか手に入らず、金華〆鯖(昆布なし)として販売しておりました。昆布の在庫が確保でき次第、白板昆布付きの金華〆鯖を販売再開しますと告知しておりました。

この度白板昆布の在庫が充分に確保できましたので、白板昆布付きの金華〆鯖の販売を再開いたします!

〆鯖においても白板昆布があると口当たりがまろやかになり、味のランクが1ランク上がると思っています。

なんとか、確保でき一安心です。

 

まずは杜の市場店とホームページのものから昆布付きものを開始していきたいと思っております。

 

白板昆布というのは、昆布を”あきた”という特殊な刃物で削っていき、(そこで削られてできるのがおぼろ昆布)その削り終えた昆布の中心の部分の昆布です。

白板昆布は、現在原料不足に加え、削る職人さんが減ってきている為、高級品とされています。

華ずしでは、その白板昆布を甘く煮て金華鯖ずしの上に敷いています。甘みがある白板昆布は寿司の味を柔らかくしてくれます。

 

 

 

金華鯖ずし専門店 華ずし